TOP > 渋谷エリアの新たなランドマーク

渋谷エリアの新たなランドマーク

2019年度開業予定、
渋谷エリア最高層複合ビルの施設名称が決定!
「渋谷スクランブルスクエア」

※1

現在、東京急行電鉄株式会社、東日本旅客鉄道株式会社、東京地下鉄株式会社(以下、総称して事業者)が推進している「渋谷駅街区開発計画」について、施設名称を「渋谷スクランブルスクエア/SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE」に決定しました。

※2

 この開発計画は、観光文化都市として、世界へ流行を発信し続ける憧れの街「エンタテイメントシティSHIBUYA」としての成長を目指す渋谷の中心に位置。「渋谷スクランブルスクエア」の名称には、多様な人々を渋谷の街に惹きつけ、「交流/混じり合う(SCRAMBLE)」ことにより、常に新しい何かが生み出されている「SQUARE(街区/広場)」であることを表現。渋谷のスクランブル交差点に面する新たな「SQUARE」として、渋谷の中心からムーブメントを発信し、新たな文化を生み出すステージにしたいという想いが込められています。
 第I期(東棟)は、高さ約230メートル・地上47階建、渋谷エリアでは最高層の複合ビルとして、2019年度に開業予定。高層部にはハイグレードオフィス、中低層部には大規模商業施設を備えます。高層部のハイグレードオフィスは、総賃貸面積約7万3千平方メートル、基準階は最大約870坪と渋谷最大級の広さを誇り、全フロアから都心の眺望を堪能できます。
 一方、商業施設は地下2階〜地上14階に配置。都市型商業施設として、日々変化と創造を続ける街・渋谷にふさわしく、心が躍る瞬間や心に響く瞬間が体験できる「世界最旬の商業施設」を目指します。コンセプトは「ASOVIVA(※)」とし、憧れやワクワク感を求めてさまざまな人々が集まり、「情報鮮度」「本物・本質」「共感・つながり」を具現化する、日本一楽しくて、ハレな「遊び場」を作ります。

※3

 ちなみに、第I期(東棟)の売場面積は約3万平方メートル、2027年度予定の第II期(中央棟・西棟)が完成した暁には合計約7万平方メートルと、大規模な商業施設を計画しています。
 このほか、最上部には眼下に渋谷スクランブル交差点が広がる屋外展望施設、中層部には産業交流施設を備え、街のランドマークとして新たな価値とにぎわいをもたらす、駅直結の大規模施設になります。
 なお、「渋谷スクランブルスクエア」では、オフィスおよび商業施設のリーシングを開始。運営は、事業者の3社が共同出資する「渋谷スクランブルスクエア株式会社」が行う予定です。

※「ASOVIVA」…「遊び場」と「VIVA(=生きる、万歳、うれしいことを意味する言葉)」を掛け合わせた造語。
※4
※5
※6
※1 渋谷駅街区(宮益坂交差点方面より望む)
※2 商業施設飲食フロアイメージ
※3 商業施設フロアイメージ
※4 オフィスロビーイメージ
※5 オフィスフロアイメージ
※6 渋谷駅周辺完成イメージ
[1~5提供:渋谷駅街区共同ビル事業者]
[6提供:渋谷駅エリアマネジメント]