TOP > サービスメニュー > 土地建物活用 > 分譲住宅用向けの土地賃貸

土地建物活用 分譲住宅用向けの土地賃貸

一般定期借地権事業(住宅)

オーナー様の土地を住宅用として東急電鉄がお借りし(一般定期借地権事業)、東急電鉄が住宅を建てて分譲。50年以上という定めた期間にわたり安定した地代が見込めます。土地の所有権はオーナー様のままなので、子・孫の代へと資産を残せます。

メリット

初期投資や管理業務などの
負担や手間を抑えられます。

50年以上
安定した収入を得られます。

借主と借地契約を結ぶ際に
保証金を確保できます。

固定資産税の
税負担軽減にもつながります。

期間満了時、借主負担で更地返還される
保証があるため、安心感があります。

土地所有者は
オーナー様のままです。

分譲住宅用向けの
土地賃貸についてのQ&A

Q1 税制的な優遇措置はありますか。
A 居住用での定期借地権設定で固定資産税は、小規模宅地の適用により200㎡までの部分の評価額が1/6、都市計画税は1/3になり、税制的に優遇されます。
Q2 相続対策になりますか。
A 定期借地権を設定した土地は、評価額が圧縮されますので、
節税面の効果があります。
Q3 土地は本当に戻ってきますか。
A 定期借地権は、期間満了時に借地権が消滅することが担保されていますので、
土地は将来オーナー様に戻ってまいります。
Q4 土地の管理はどうするのですか。
A 借主が土地を管理いたします。
従って、契約期間中は、除草等の煩雑な維持管理に悩まされることはございません。